• TOP
  • 特集
  • > 冬のお寺神社特集 2018年「九州・沖縄地方」(▶ 12345|6)

冬のお寺神社特集 2018年「九州・沖縄地方」

更新日2018.11.07

|良かったら「いいね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

全国には見どころのある神社仏閣が数多くあり、四季折々の表情を見せてくれます。

で着飾った神社仏閣や、空気の張りつめた幻想的な冬の神社仏閣を『教えてお寺神社さん運営事務局』が厳選し、ご紹介したいと思います。

ならではの景観が楽しめる寺院や神社に、是非訪れてみてください。

スポンサーリンク

■ 九州・沖縄地方


『縁結びスポットの夫婦檜や大楠で知られる』

武雄神社佐賀県武雄市武雄町武雄

御神木である武雄の大楠は、樹齢3000年以上ともいわれており、うろには祠が祀られています。

パワースポットとしても有名で、武内宿禰(たけうちのすくね)を主祭神としております。

雪積もる武雄の大楠は、神々しさを感じさせてくれます。


『天神さま(菅原道真公)をお祀りする神社』

太宰府天満宮福岡県太宰府市宰府

天神さま(菅原道真公)をお祀りする神社で、「学問・至誠・厄除けの神様」として、日本全国からご崇敬を集めています。

12月31日には大祓式が斎行され、知らず知らずのうちに犯した罪や穢けがれを祓い清め、明日からの生活をより良く過ごすことができるといわれています。

また、大祓は個々人のお祓いに加え、広く地域や社会を祓い清める公の神事でもあります。



『宮崎県東児湯地域で伝わる都農神楽は高鍋神楽に属しています』

日向国一之宮 都農神社宮崎県児湯郡農町川北

日向国一之宮として鎮座する都農神社は、大己貴命(大国主命)を御祭神としてお祀りする神社です。

神武天皇が東遷の折に宮崎の宮を発し、この地に立ち寄った際、国土平安、海上平穏、武運長久を祈念して、御祭神を鎮祭されたことが都農神社の起源と伝わります。

12月4・5日には、氏子繁栄と家内安全を祈願して恒例の冬祭が斎行されます。

4日の前夜祭と5日の例大祭ともに都農神楽の奉納が行われ、大神様の御神徳に預かろうと多くの参拝者で賑わいます。

前夜祭では、お神酒やぜんざい、豚汁などもふるまわれます。

竹田神社鹿児島県南さつま市加世田武田

「日新公いろは歌」で有名な日新公が御祭神です。

境内にある樹齢600年の大楠木は、歴史の深さを感じさせてくれます。
また、いぬまき大木の並木道「いにしへの道」には、いろは歌が彫り込まれた石碑が建ち並んでおります。

こんなページも読まれています
神棚にお供えするお酒は、どのお酒でも構わないとされてお…
神社の呼称ごとに祀られている神々とご利益を主要な神社ごとにまとめております。
寺院・神社で異なる参拝方法について説明しております。
抹香は悪霊を払う力があるとされ、古くは仏像に散布することもありましたが、今…