TOP > 特集 > 春のお寺・神社
はるのお寺神社

◆ 地域別の花見名所

✿ 春を連想する花は、桜ではなく梅だった!

春といえば桜

日本人は、春といえば桜を連想してしまいますが、奈良時代では、桜よりも梅を連想することが定番のようでした。

当時は中国との交易が盛んに行われており、香りの強さから桜よりも人気があったとされています。


桜は平安時代以降から人気が高まりました。

豊臣秀吉が京都にある醍醐寺に、700本の桜を植えさせて、盛大な花見を催したことで桜の人気はさらに高まり、明治以降には日本を象徴する花となりました。

✿ 仏教と花の深い結びつき

仏教と花

春の寺院では、数多くの花があり、楽しむことができます。


仏教と花の関係は深く、蓮の花や沙羅双樹のように、自然の厳しい環境のなかで花を咲かせる姿が、修行をする僧侶に通ずるとされています。

仏具においても、三具足の一つに花立があるなど、仏教と花は深い結びつきがあります。


古来より人が集まる寺院には、醍醐寺のように桜をはじめ、多くの花を取り入れるところが多かったといわれています。

✿ 神社に桜が多い理由

神社と桜

神社で桜が多く見られる理由は、天皇家とゆかりのある神社本庁が進んで桜の木を植えたことにあります。


代々の天皇家は、御印章である菊のほかに、桜を愛でたといわれております。

古くは、聖武天皇が桜の王と呼ばれており、嵯峨天皇が日本で初めて花見を主催し、花山天皇は境内に数千本の桜を植えられたと伝わっております。


歴史に思いを馳せ、縁深き春の花を、寺院や神社で観賞してみてはいかがでしょうか。

掲載募集バナー

教えてお寺神社さんでは、時季ごとの企画にご賛同いただけるお寺、神社さんを募集しております。
ご賛同または、ご不明な点やご質問がございましたら、下記までメールをお願い致します。
keisai@oshiete-oterasan.com

※過去の特集ページはこちら

✿ 北海道・東北地方

玄中寺
青森県八戸市柏崎
廃寺であった黄檗宗玄仲寺の名称を受け継ぎ、文久元年に建立されました。

✿ 関東地方

日光二荒山神社
栃木県日光市山内
朱色の美しい神社で、色鮮やかです。
夜にはライトアップされます。
東漸寺
千葉県松戸市小金
千葉県松戸市小金にある枝垂桜で有名な浄土宗の寺院。

✿ 中部地方

妙立寺
石川県金沢市野町
桜の季節は特に海外からの観光客が多くなります。満開が早いのが特徴です。
宗圓寺
愛知県古屋市中区東桜
名物の桜です。3月25日は境内で「第1回新栄しだれ桜まつり」開催です。

✿ 近畿地方

寿量山 速成寺
奈良県大和郡山市南郡山町
4月〜5月にかけて咲く芝桜2000株以上に囲まれた速成寺の庭園樹木葬墓地。
知恩院
京都府京都市東山区林下町
三門周辺の桜や、友禅苑の枝垂桜がおすすめです。
當麻寺中之坊
奈良県葛城市當麻
中将姫誓願桜から枝分けされた若木が、當麻寺中之坊にございます。
仁和寺
京都府京都市右京区御室大内
中門内の西側に、御室桜と呼ばれる遅咲きで有名な桜の林があります。
清水寺
京都府京都市東山区清水
境内にはソメイヨシノがあります。
ライトアップされる桜は絶景です。
寂光院
京都府京都市左京区大原草生町
後白河法皇が詠まれた歌に出てくるみぎわの桜の風景を味わいましょう。
龍安寺
京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町
多くの観光客が訪れる枯山水の石庭のシダレザクラは必見です。
常照皇寺
京都府京都市右京区京北井戸町丸山
天然記念物の九重桜をはじめ、数多くの桜が境内に咲き誇ります。
六孫王神社
京都府京都市南区 壬生通八条角
黄桜と呼ばれる淡黄緑色の鬱金桜が楽しめる数少ない場所です。

✿ 中国・四国地方

金刀比羅宮
香川県仲多度郡琴平町
「桜の馬場」には桜が爛漫と咲き乱れ、見事な桜のトンネルを現出させます。
総本山善通寺
香川県善通寺市善通寺町
ソメイヨシノなどにくらべ、1ヶ月近く早く咲きはじめる涅槃桜が見頃です。
國分八幡宮
香川県高松市国分寺町国分
4月8日(日)桜まつり神楽祭が行われます。
詳細は、HPまたはFB参照

✿ 沖縄・九州地方

太宰府天満宮
福岡県太宰府市宰府
境内には、約200種、約6,000本の白梅・紅梅があり、日本有数の梅の名所となっております。
福岡徳純院
福岡県福岡市東区下原
眼下には博多湾や福岡市街を一望し、四季折々の花が咲くやすらぎの場です。
このエントリーをはてなブックマークに追加