TOP > お役立ち情報 > ペット供養について
ペット供養の方法について

ペットのご遺骨はどうしたらいいのか?
ペットには人間のようにきちんとした決まり事や法律があるわけではありません。

現状では、
1. ペット霊園の納骨堂に納骨(一番多いケース)
2. ペット霊園の墓地に埋葬
3. ご家庭に骨壷のまま置いている

が一般的なペット供養です。
他にも、グッズなどに加工して供養する、海洋葬・山林葬など散骨する、といった供養もございます。

昔は、ペットの遺骨を庭に埋めたり、火葬して山林に骨を散布したりするのが一般的でした。昨今は、ペットは家族の一員という意識が強くなったことで、人間と同じように火葬するようになってきました。

しかし、火葬後はどうするかがまだきちんと確立されていない為、いくつかの選択肢ができているのが現在の状況です。

■ペット霊園の納骨堂(霊座)に納骨する

多くのペット霊園が備えている屋内型のペットのお墓が納骨堂です。

一般的に棚型のタイプとコインロッカー型のタイプがあります。
個別に骨壷と写真立てやお花などを飾れるところが多いようです。

〜メモリアルグッズ〜
自宅の屋内にペット用祭壇を作り、「骨壷」「写真たて(フォトフレーム)」「お花スタンド」などをペットらしくかわいく飾ってあげたいものです。
最近ではペットメモリアルグッズとして、ペット用のミニ仏壇セット、ミニ骨壷、フォトスタンド、ろうそく立てなど様々なものが用意されています。
また、ペットの遺骨を加工してグッズにしてくれる所もあるようです。

〜庭でのお花供養、ペットの樹木葬〜
ご自宅にお庭に埋めてあげることも問題ありません。
ご遺骨をそのまま庭に埋葬する、または粉骨(パウダー状)して庭などに散骨する、そこに記念の樹木やお花を植えて供養します。

〜自宅の骨壷を納骨堂へ移す〜
自宅供養(手元供養)している人も時期をみて納骨堂へ納骨する方が増えているようです。

■ペット霊園の墓地に埋葬する

ペットの墓地、ペット霊園には、「合同供養塔」「屋外型個別墓地」「ガーデニング霊園(お花葬・樹木葬)」「人と一緒に入れるお墓」などがあります。

〜合同供養塔〜
複数のペットの遺体をいっしょに埋葬する合同のペットの墓地です。
多くのペット霊園に設置してあります。個別に比べ費用が安いのが特徴です。

〜屋外型個別墓地〜
一般的なペットのお墓で、決められた区画に墓石や塔婆を配して遺骨は個別に埋葬します。
大きさや墓石の種類などにより価格もさまざまです。
広い土地が必要になりますので屋外型の個別墓地を持つペット霊園は限られています。

〜ガーデニング霊園(お花葬・樹木葬)〜
最近は、バラなどのお花でお墓を飾るものもできてきました。
樹木を記念に植える霊園もあります。
美しく個性的で費用も安いなどの利点で将来的に広がる可能性があります。

〜人と一緒に入れるお墓〜
近年多くなりつつあります。「ペットは家族の一員」との考えでペットと一緒にお墓に入りたいという人が増えているようです。
あらかじめ契約をしてペットを先にお墓にいれ、人は死後一緒になるのが一般的です。
「大手ペット霊園で人もいっしょに入れる墓地、霊座を備えたもの」「人の墓地にペットもいっしょに埋葬できるようにしたもの」があります。

■自宅に骨壷を置いて供養するペットの手元供養、自宅供養

最近では、ペット用ミニ仏壇、ミニ骨壷、フォトフレームなど様々なペットメモリアルグッズができてご家庭でもペット用仏壇、ペット供養棚を用意して供養する家庭も多くなりました。
しかし、ご家庭のスペースの問題やいつまでもそのままではという人々の感覚の中で49日、100ヶ日、1周忌などの忌日にペット霊園に埋葬、または納骨するという人が増えています。

〜合同供養塔〜
複数のペットの遺体をいっしょに埋葬する合同のペットの墓地です。
多くのペット霊園に設置してあります。個別に比べ費用が安いのが特徴です。

〜屋外型個別墓地〜
一般的なペットのお墓で、決められた区画に墓石や塔婆を配して遺骨は個別に埋葬します。
大きさや墓石の種類などにより価格もさまざまです。
広い土地が必要になりますので屋外型の個別墓地を持つペット霊園は限られています。

〜ガーデニング霊園(お花葬・樹木葬)〜
最近は、バラなどのお花でお墓を飾るものもできてきました。
樹木を記念に植える霊園もあります。
美しく個性的で費用も安いなどの利点で将来的に広がる可能性があります。

〜人と一緒に入れるお墓〜
近年多くなりつつあります。「ペットは家族の一員」との考えでペットと一緒にお墓に入りたいという人が増えているようです。
あらかじめ契約をしてペットを先にお墓にいれ、人は死後一緒になるのが一般的です。
「大手ペット霊園で人もいっしょに入れる墓地、霊座を備えたもの」「人の墓地にペットもいっしょに埋葬できるようにしたもの」があります。

■その他の供養

その他の供養の方法として、海や山へのご遺骨の散骨(海洋葬、山林葬)、空中葬、宇宙葬、お花葬、樹木葬があります。

〜海洋散骨〜
人の葬儀の方法として近年ようやく認知されてきた海洋散骨(海洋葬)ものが、ペットにも浸透しつつあるといった感じです。
生命の生まれた自然に帰してあげる、後々の手間隙がかからない、将来面倒をみてくれる人がいない、コストが安く手軽にできるなどの理由が考えられます。海洋葬では一般的に水溶性の紙に粉骨したい骨を包んでそのまま海上に散骨します。

〜山林葬〜
山林に遺骨を散骨するものを山林葬といいます。山林葬の場合は紙にくるまず粉骨したパウダー状の遺骨をそのまま散布する場合が多いようです。
実際に山林葬を執り行なうペット霊園もいくつかあります。

〜空中葬、宇宙葬〜
飛行機やヘリコプターから空中に散布する空中葬(地球葬)や宇宙葬といったものまで考えられているそうです。

寺院と神社の違いについて 寺院と神社の違い

寺院と神社は、崇拝対象や役割などが全然違います。寺院と神社を分かりやすく比較しました。

神道と仏教の違いについて 神道と仏教の違い

神道と仏教の違いについて、崇拝対象から願望まで、各特徴を詳しく説明します。

寺院の種類について 寺院の種類

「寺」と「院」の違いについて、詳しく説明します。

参拝方法について 参拝方法

参拝方法の色々、せっかく参拝するなら、意味を知って、正しく参拝したいですよね。

礼儀作法について 礼儀作法

知らないと損する!?礼儀作法のいろは