TOP > お役立ち情報 > 樹木葬 (じゅもくそう)
樹木葬とは?

「樹木葬」とは、遺骨を土中に埋めて樹木を墓標とする葬法のことです。
樹木葬は、墓埋法上で許可を受けた墓地(霊園)に樹木葬という形式の墓をつくって埋葬します。
墓地によって、遺骨を埋葬するたびに新しい苗木を1本植える樹木葬や、墓地の中央にシンボルとなる樹木を植え、その周辺の区画に遺骨を埋葬する樹木葬など様々な方法があります。
また、全体を樹木葬墓地とする場合と、一般墓地や芝生墓地と樹木葬墓地を併用する場合があります。

墓碑として用いられる樹木は大きくならない低木が一般的で、ハナミズキ、サルスベリ、ウメモドキ、エゾアジサイ、ムシカリ、ツリバナ、モミジ等が多い傾向があります。
植樹する地域で生育できること、生態系に悪影響を与えないことなどが配慮されています。
桜葬は樹木葬の一種です。

寺院と神社の違いについて 寺院と神社の違い

寺院と神社は、崇拝対象や役割などが全然違います。寺院と神社を分かりやすく比較しました。

神道と仏教の違いについて 神道と仏教の違い

神道と仏教の違いについて、崇拝対象から願望まで、各特徴を詳しく説明します。

寺院の種類について 寺院の種類

「寺」と「院」の違いについて、詳しく説明します。

参拝方法について 参拝方法

参拝方法の色々、せっかく参拝するなら、意味を知って、正しく参拝したいですよね。

礼儀作法について 礼儀作法

知らないと損する!?礼儀作法のいろは