TOP > お役立ち情報 > 葬式の費用
葬式の費用
▼ 葬式とは

亡くなられた方を葬るための儀式のこと

葬儀会場

一般的に葬式とは、「お通夜」「告別式」「火葬」の流れを指します。残された家族や、故人にゆかりのある友人、知人を招き、故人の傍らで別れを惜しみます。

日本における葬式は、悲しみの場と捉えられていることが多いですが、海外には、死者の新たな門出を祝う習慣もあるようです。 葬式は、宗教の概念が深く関係しています。葬式の考え方やマナー、流れなどは各宗教、宗派で異なります。葬式を行う場合や、会場へ足を運ぶ場合には、事前に確認しておきましょう。

▼ それぞれの費用
霊柩車

葬式に必要な斎場費は、自治体の施設や企業が管理する施設で、利用する料金にはかなり差が出ます。

自治体の施設…30,000〜100,000円
企業管理施設…100,000〜200,000円

次に葬式に必要な祭壇の内訳です。大きさやグレードを上げてしまうと、価格や値段の桁が変わってきます。

棺…20,000円〜
骨壺…5,000円〜
供花…5,000円〜
遺影…8,000円〜
位牌…2,000円〜
枕飾り…15,000円〜
祭壇供物…10,000円〜
付属品…70,000円〜

※付属品にはロウソクやドライアイス、
 線香、故人名看板、後飾祭壇など
※宗教によっては必要ない項目も
 あります

遺体を病院から斎場まで運ぶ際にも、お金がかかります。寝台車や霊柩車の手配から、火葬場までの送迎用マイクロバスの手配と交通費など、搬送距離でも料金が変わります。

遺体の搬送費用と送迎費…100,000円〜

その他の費用は、

飲食代…450,000円(平均)
寺院費用…400,000円〜
香典返し…200,000円
心づけ…20,000円

※寺院費用は、お坊さんへのお布施など
※香典返しは、一人当たり5,000円×40人で計算
※心づけは、必要ない地域もあります

葬式全体の人件費や、諸費用もかかります。

運営管理費など…180,000円〜


上記の内容からも、葬式に必要な費用は、少なく見積もっても100万円以上はかかります。

日本消費者協会によると、葬式全体にかかる費用の全国平均は195万円と言われています。最近では、お通夜と告別式を行わないところもあります。

▼ まとめ
供花

葬式は、現世に残されたものの務めでもありますが、何より故人を尊重するものです。

後悔をしない葬式にするためにも、普段から家族で話し合っておくことが大切です。

寺院と神社の違いについて 寺院と神社の違い

寺院と神社は、崇拝対象や役割などが全然違います。寺院と神社を分かりやすく比較しました。

神道と仏教の違いについて 神道と仏教の違い

神道と仏教の違いについて、崇拝対象から願望まで、各特徴を詳しく説明します。

寺院の種類について 寺院の種類

「寺」と「院」の違いについて、詳しく説明します。

参拝方法について 参拝方法

参拝方法の色々、せっかく参拝するなら、意味を知って、正しく参拝したいですよね。

礼儀作法について 礼儀作法

知らないと損する!?礼儀作法のいろは