祈祷

更新日2022.06.22

|良かったら「いいね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
祈祷とは

神様や仏様の加護を願い、言葉によって除災増福を祈る、または儀礼のこと

祈祷に似た言葉で「祈願」がありますが、祈願は神様や仏様に願いを込めて祈ることを指します。
同じ「祈る」を用いますが、祈祷は神仏の御加護を求め、祈願は物事そのものを求める際に使われます。

祈祷の仕方は、各宗教により異なります。

  • 護摩祈祷…真言宗、天台宗など
  • 大般若祈祷…曹洞宗、臨済宗
  • 木剣祈祷…日蓮宗

神社では、祈祷と祈願、祈念を同じ言葉で表しているところもあります。

スポンサーリンク
祭祀道具と仏具

神道において、祭祀に使われる道具で「大麻(おおぬさ)」がある。この大麻(大幣とも書く)は榊の枝または白木の棒の先に麻苧(あさお)や紙垂(しで)を付けたものです。

仏教は木魚や木柾、錫杖などを使います(宗派で異なります)。

こんなページも読まれています
神棚にお供えするお酒は、どのお酒でも構わないとされてお…
神社の呼称ごとに祀られている神々とご利益を主要な神社ごとにまとめております。
寺院・神社で異なる参拝方法について説明しております。
抹香は悪霊を払う力があるとされ、古くは仏像に散布することもありましたが、今…