戒壇(かいだん)めぐり

更新日2022.06.22

|良かったら「いいね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
戒壇とは

仏教僧が戒律を授けるために檀を築くこと

戒壇めぐりとは

戒壇のまわりを仏名を唱えながらめぐり歩くこと

▼ 歴史
戒壇の歴史

日本に仏教が伝わったのは538年ですが、まだ戒律は不完全なものでした。

当時の出家者は、税を免除されていたため、出家が税逃れとされていました。そのような理由の者が多く、堕落したが多かったようです。
その後は戒律も整備され、規律が守られるようになりました。
律宗の開祖である鑑真が、754年に東大寺に戒壇を築いたことが起源とされています。
その後、東大寺に戒壇院を建立し、筑紫の大宰府の観世音寺、下野国(現在の栃木県)の薬師寺に戒壇を築きました。

これを天下の三戒壇といいます。

スポンサーリンク
▼ 全国の戒壇めぐり
甲斐善光寺

戒壇めぐりと称されるものでは、善光寺のように、本堂の地下にある暗い回廊を手探りで進むものが有名です。
暗い回廊の奥にある、御本尊とつながっている錠前に触れることで、極楽往生のお約束をいただくことができるとされています。

長野県・信州善光寺
戒壇めぐりといえばここが有名です。回廊の奥にある「極楽の錠前」に触れることでご利益があります。

岐阜県・関善光寺
日本に唯一の卍字型戒壇巡りがあります。暗い回廊は実に49メートルもあります。

他にも、

山梨県・甲斐善光寺
長野県・元善光寺
愛知県・善光寺東海別院
滋賀県・新善光寺

など、戒壇めぐりは全国に50ヶ所以上あるとされております。

こんなページも読まれています
神棚にお供えするお酒は、どのお酒でも構わないとされてお…
神社の呼称ごとに祀られている神々とご利益を主要な神社ごとにまとめております。
寺院・神社で異なる参拝方法について説明しております。
抹香は悪霊を払う力があるとされ、古くは仏像に散布することもありましたが、今…